2016年04月11日

テスト(与一野のしだれ桜)

  2016年の「与一野のしだれ桜」を今年は、見にいけませんでしたので・・・
  他の人のブログを拝借しました。
http://awakin.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/2016-1da2.html">


posted by kagurakko at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

テスト

posted by kagurakko at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

戸坂入道について・・・

 戸坂入道についての記事を発見しました。
 次のサイトをクリックしてみてください。
 
  http://tororoduki.blog92.fc2.com/blog-entry-115.html


posted by kagurakko at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

再開したよ〜!

Dion.のブログを再開したよ♪
テストです
長く放って置くと忘れますのでたまにテストします。
DSC_0002.jpg
posted by kagurakko at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

パソコンの再開

WI、FIの故障でインターネットが繫がらない状態でした。
又、更新できます。
posted by kagurakko at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

テスト


   野呂山 の凍った滝の映像です。
   珍しいのでリンクしました。

   http://awakin.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-831d.html
posted by kagurakko at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

しばらく休みます

 seesaaのこのブログを暫く休みます。
 gooのブログで更新しますので、そちらもよろしくお願いします。

サイトはこちらです、よろしくお願いします。
 http://blog.goo.ne.jp/kagurakko

http://blog.goo.ne.jp/kagurakko/e/31a8b59e388257d5c9527342312fe5b3
posted by kagurakko at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

不動院駅

 朝のウオーキングは不動院駅まで歩きます。牛田駅間の往復です。
 今日の朝は、奥の山は(可部辺り)は真っ白です。
 太田川河岸の木の枝では小鳥がピーピーと囀りますが、姿が見えたときはもうスマホでは間に合いません。
 2羽確認したのですが、ヒヨドリかと思いました。
 陽がさして寒くはなかったです。
 気持ちのいいウオーキングです。
 40分、3900歩、2,4kmとスマホでの歩数計です。

DSC_0004.JPG


posted by kagurakko at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

gooブログにも更新

このたびこのブログ「seesaa]ブログは不具合が多くて苦慮していますので
以前からあるgooのブログでも更新していますのでそちらも是非お願いします。
「 goo自由日記 」と言います。    kagurakko

サイトはこちらです、よろしくお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/kagurakko





posted by kagurakko at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

とうかさんと木製電柱

八丁堀のクリニックへ行きましたので、ブログの友に聞いていた「とうかさん」と田中町にあるという「木製電柱」を探してみました。
先ず、流川通りを歩きながらこの辺りに昔、「リッツ」という映画館があったなあと思いながら(行った事はありません)。
又、カサブランカというキャバレー?があったのかな??と思いながら・・・
100米通りへ出ました。
田中町と聞いていたので、適当に街筋へ入ってみましたら、幸運にもすぐ目当ての「木製電柱」を発見したのです。
田中町4−9とか?

CIMG4436.jpg

CIMG4438.jpg

木製電柱は市内に何本かあるそうです。

 なんと隣りの家は「廃墟」と見ました。
 電気のメーターも完全に外側だけのものです。
 町中で廃屋を見るのも私には新しい発見です。

CIMG4439.jpg

 とうかさんを探して100米通りを西方面に行きましたが分かりません。
 とうかさんは有名なお寺?なのですが行った事がないのです。
 中央通りを見ました、ありました!。

 
 とうかさん (広島に初夏を告げる風物詩)
 「とうかさん」は、元和5年(1618)浅野長晟公が紀州より広島城へ入封の時、現在の地に園隆寺を建立し、百音師を迎えた。
 師が勧請した「とうか大明神」。
 御神体は、法華経の守護神で、稲荷と唱えず音読みで「とうか」と呼ぶ。
 爾来370余年崇敬と親しみのうちに、稲荷山の夏祭り(例年6月8日から3日間)
 別命「ゆかた祭り」と親しまれ、天気にも左右されるが人出は50万人と広島市最大の歴史ある祭りである。
 当山には、忠臣蔵で有名な赤穂浪士の原惣右衛門が「とうかさん」を熱烈に信仰しておられた因縁で夫婦の墓もある(説明板より)

CIMG4445.jpg

CIMG4446.jpg

CIMG4447.jpg


 境内には「広島気ばり地蔵尊」もあります。
 ありとあらゆる(気)を高めてくださいます。
  例 ・ 快気する、 根気をもつ、  人気が出る
      気重をのぞく、 才気をつける、 お天気を願う
      運気をあげる、 男(女)気を上げる。
   お堂にお祀りしております稲荷大明神とともにお参りください。  合掌
                     とうかさん円隆寺

CIMG4448.jpg

  お賽銭もちゃんと入れてお参りしました。
  説明板があります。

CIMG4451.jpg


posted by kagurakko at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

スーパーの朝市

いつも行く白島スーパー「マルナカ」の朝は朝市が展開されます。
1月より「バレンタインデー」のチョコレートコーナーが開設されているんですが、お客さんがいるのを見たことがないんですが、スーパーのスタッフが周りで何やら、話していましたので、何か工夫をされるのでしょうか?
 その隣の「野菜の朝市」はいつもお客さんが何かを買っています。
 私も「かぶ 98円」は安いので一個買ってみました。
 葉っぱは「浅漬け」にします。
 柔らかいのですぐ煮えますから、人参、生しい、トーフを入れて味噌仕立てで汁物にするんです。
 でも持って帰るのが重いのが珠にキズ??

DSC_0008.jpg

posted by kagurakko at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

JR新白島駅

 朝のウオーキングで白島を歩きます。
 今日の朝は工事中のJR新白島駅が見えましたのでスマホで写してみましたが、逆光で見にくいと思いますが。
 北側です、南側は階段がありますが、工事中で近づけません。
 3月末で開通のようですので、楽しみです。


DSC_0002.JPG
posted by kagurakko at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

猿猴橋付近を散策

 先日、縮景園を訪れた際に広島駅で知人と合流して「猿猴橋」付近を散策したのです。
 猿猴橋は、16世紀末の毛利時代に木橋としてかけられ、西国街道の要衝に位置していたため、長く陸上交通の重要な役割をはたしてきました。
 橋名の「猿猴」は広島地方で、サルに似た河童のような想像上の怪物のことをいい、洪水のたびに人々を川に引きずりこむ「えんこう」が住む川として、川や橋名に使われました。
 現在の橋は大正15年に完成したもの、被爆橋梁の一つ。

CIMG4404.jpg


 秀玉稲荷神社が猿猴橋河岸にありました。
 ご祭神 :秀玉稲荷大明神
    広島の町が誕生する天正17年より前、五ケ浦、五ケ村の名称で呼ばれた時代に既に農耕守護神として崇敬されていたと由来板にあります。

CIMG4405.jpg

CIMG4407.jpg

 京橋川、猿猴川の分岐点。
 台奥の鼻(通称=デビ)と呼ばれ、治水用築工事が広島城築城 30年位前)弘治元年になされた。

CIMG4408.jpg

  京橋川の「雁木群」
  社団法人土木学会選奨土木遺産 = 平成19年11月30日認定
  土木遺産に認定された雁木群です。

  太田川の川辺に船着き場として利用される「雁木」と言われる階段が造られ300個以上と言われる。
  この雁木群は「水の都ひろしま」を象徴する我が国最大の河川舟運用の雁木群で、川が生活に欠かせない存在であったことが伺える。
  このように生活を支えてきた遺産として今日の歴史的水辺空間お評価され、土木学会から「選奨土木遺産」に認定された。(説明板より)

CIMG4409.jpg

  段原地区になるのか?犬のフンの持ち帰りの立札。

CIMG4410.jpg

  京橋 = きやうばし  東への西国街道の出口、入口。
     現存するものは市内最古の鋼橋で被爆橋梁の一つ。
     土木学会選奨土木遺産。


CIMG4412.jpg

  被爆やなぎ  = 古木のようです。

CIMG4415.jpg

  マンホールの蓋 = コイのデザイン。

CIMG4432.jpg

  耐震性貯水槽のマンホールも見ました。

  CIMG4433.jpg

  そして、幟町中学校を経て縮景園に向かったのでした。


posted by kagurakko at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ウォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

縮景園の梅

昨日はお天気も良くて、気分的に「縮景園の梅」が見たくて知人と行ってきました!
時期的にも早いかなアと思いつつ・・・
やはりまだまだようでした。
それでも「紅梅」かと思われるピンクの梅を見て少しうれしかったです。

CIMG4423.jpg

CIMG4428.jpg

 白梅も一輪咲いていたのですが、撮影失敗しました。
 どうもカメラに問題アリ?
 それ以前の問題でもあるんですが、ロウバイはまだ健在です。

CIMG4431.jpg

 お弁当を広げている観光客もたくさんおられましたが、梅の小枝に飛び交う小鳥もいました。
 気が付いた時はもう姿は見えないことしばしばです。
 どうにかT羽撮影に成功したのが、帰ってからのネット調べで「つぐみ」と思われる鳥です。

 CIMG4418.jpg

  画像が悪いので判別は難しいと思いますが、わかる方教えてください!!

 
posted by kagurakko at 14:19| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

水彩画展

先日見た、牛田公民館ロビー展示の「水彩画を楽しむ会」の皆さんの絵画です。
普通の水彩絵の具で描かれた作品だと思われますが、縮景園、平和公園、中央公園となじみの絵が並び
公民館で楽しく描かれているのが伝わってきました。
そのうちの印象に残った作品です。

CIMG4395.jpg

CIMG4396.jpg

CIMG4397.jpg

CIMG4398.jpg

CIMG4399.jpg

CIMG4400.jpg

 不動院、川辺のカフェと身近に感じました!!

posted by kagurakko at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

いきいき大学(27−1月)に参加する〜!

 いきいき大学(27−1月)に参加!
 27−1/22(木)  牛田公民館  10:30 〜 正午  30人以上参加
 おおむね60歳以上の人の学習会です。

  テーマ  「津軽三味線の世界」 〜 古典芸能の魅力 〜
   
      講師 = 津軽三味線奏者
           河野 一志 さん

  津軽の厳しい風土と風雪に耐えながら盲目の旅芸人達が、その日の糧を得るため門付けし、まさに生きるために弾いた津軽三味線。
  そのもの悲しくも深く、そしてリズミカルな音色。
  人の心の奥深く響き渡る津軽三味線の神髄と魅力に迫る。

  広島市出身、1984年1月4日生まれ。
  小山流家元、小山貢氏に師事。
  9才より民謡三味線を始め、16才で津軽三味線に転向。
  古典から他のジャンルとのコラボレーションまで行い多方面から評価を受ける。
  又、自ら作曲も行う.
  現在は学校公演、病院、公民館や老人施設での演奏やライブ活動、津軽三味線の指導にも力を入れておられます。

CIMG4401.jpg

  1、津軽じょんがら節 (中節)
  2、嘉瀬の奴踊り
  3、りんご節
  4、黒石よされ節 
  5、津軽あいや節
  6、六段
  7、津軽じょんがら節(旧節)
  8、十三の砂山  
  9、津軽小原節
  10、ワイハ節
  11、秋田荷方節
  12、さくらさくら
  13、津軽よされ節
  14、津軽じょんがら節(新節)

  津軽三味線は明治時代からのもので、旅芸人が門付けから始まった古典芸能。
  三味線にはいろいろあるが津軽三味線は大きく、 太くて強い音。
  又、皮は猫の腹を使い、繊細な音。
  バチは小さく先はべっ甲。
  と、説明を受けながら津軽三味線の音色を生で初めて聞きました。
  緩やかな曲、聞いたことのあるような六段、さくらさくらは皆さん口ずさんだり、津軽じょんがら新節は激しく、厳しい素晴らしいものでした。
  拍手、拍手、拍手。
  楽しい時間を体験しました。
  大変良かったです。
  あまり書かないアンケートも今日はちゃんと書きました。

posted by kagurakko at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | いきいき大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

売家

 今日の朝のウオーキングは牛田を久しぶりに歩きます。
 驚いたことに、幼稚園「光明学園」前にあったガソリンスタンド「エネオス」が閉店しているのです。
 以前は主人も利用していたガソリンスタンドでしたが、気になるのはその隣接の旧家が売りに出ていることです。
 牛田も旧家は最近は珍しくなっている地区なのです。
 ガソリンスタンドの閉店と関係があるのかな?と思ったりして・・・

DSC_0008.jpg
posted by kagurakko at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

ひろしま遊歩100選ガイドツアー(黄金伝説の地を行く)に参加する〜!  19−2

 午後からは・・・

 ● 廃屋風な2階建ての建物、気になりました。

CIMG4360.jpg

 ● 犬のフン持ち帰りの立札(仁保学区)

CIMG4361.jpg

  ◎ 大師堂
   路傍にある小さなお堂、この上の案内地蔵などから、往時主要な生活道路であったと思われる。

CIMG4362.jpg

  ◎ 案内地蔵
   毛利時代からあったといわれ、観音寺と火葬場への道しるべとして立てられたなど諸説がある。

CIMG4363.jpg

  ◎ 昔の生活井戸 
   井戸は青い浮草に覆われています、そばの手押しポンプも津田式ですが壊れています。

CIMG4366.jpg

CIMG4365.jpg

  ● 黄金山登山道  →  黄金山標高212m、昔は島であった。

CIMG4367.jpg

  ◎ 観音寺
   火葬場跡を思わせる施設、六地蔵、道路改修碑・・・

CIMG4368.jpg

  本堂、鐘楼は被爆建物  爆心地から  4250m
  慶長元年(1596)まで仁保城の城番であった三浦兵庫頭元忠が、菩提寺ちして観音寺を創建した。
  三浦元忠の墓と言われる墓標(未確認)

CIMG4370.jpg

CIMG4373.jpg

  ◎ 黄金伝説案内板
   南区が地域振興策として七大伝説を設定。

CIMG4374.jpg

  ◎ 大町稲荷神社
   ご祭神:宇迦之御魂神
   邇保姫神社の境外社

CIMG4376.jpg

  ◎ 古風な建築 → 明治元年に建てられた?

CIMG4378.jpg

  ◎ どんぐり公園ところころ公園
   NTTビルの公開空地のどんぐり公園、
   いろんなどんぐりがあります。
   あまり手入れはされていないようでした・・・

CIMG4381.jpg

CIMG4384.jpg

  ◎ 胡子神社
   ご祭神 :事代主神
   東新開の豊穣、堤防堅固の守護神として勧請
   邇保姫神社の御旅所
   以前は木造だったが、平成20年(2007)に建て替えられた。

CIMG4392.jpg

  ●  仁保新町第一公園
   午後2時半 ここで今日の遊歩散策は終了です。
   観音寺は山の上できつかったです、お昼休憩では雪がチラつきました。
   どんぐり公園ではいろんなどんぐりを教えて頂きました。
   毎回楽しい体験です、今年もできるだけ参加したいと思います。
   9600歩、6kmの遊歩でした!

   CIMG4393.jpg

CIMG4394.jpg

   来月の予定を確認して解散です。
   皆さんお疲れ様でした。 トイレ end

ひろしま遊歩100選ガイドツアー(黄金伝説の地を行く)に参加する〜!  19−1

 ひろしま遊歩100選ガイドツアー(黄金伝説の地を行く)に参加!
 27−1/17日(土) 9:45 丹那町バス停 集合 16名参加

  コース   黄金伝説の地を行く  NO−61
  <主な立ち寄り先>
  清水社〜薬師堂〜黄金地蔵〜妙光寺〜観音堂〜黄金伝説案内板〜大町稲荷神社〜どんぐり公園〜
  ころころ公園〜胡子神社


   以前行った事のある一部と新しいコースです。

 ◎ 清水社
  昔、修行僧が水を飲ませてくれたお礼に「ますます良い水が湧くようにしてあげよう。この水は末代まで絶えることは無い」と言った。
  以来、水の神様として地元の人々から親しまれています。
  今も清水が湧きだしています。

CIMG4329.jpg

  ◎ 道標
   右 → 穴神社 説教所 宇品道
   左 → 日宇那 楠那学校
       (向きがおかしい) 
CIMG4339.jpg

  ◎ 馬頭観音像
   六観音の一つ、畜生道で苦しむ衆生を守るとされる。
   馬、旅の守り神として路傍に置かれるようになった。

CIMG4340.jpg

  ◎ 道標
   右 → 本浦 火葬場 道
   左 → 大河 比治山 道
       (向きがおかしい)

CIMG4341.jpg

  ◎ 薬師堂 
   路傍の薬師堂   以前より建物が変わっている?

CIMG4343.jpg

  ◎ 黄金地蔵堂
   付近に金比羅社と波切不動堂もある。

CIMG4346.jpg

  ◎ 犬のフンの持ち帰りの立札 (大河地区)

CIMG4344.jpg

  ◎ 平和山妙光寺
   ご本尊 : 大日如来 
   広島新四国88ヶ所61番霊場
   平和の鐘  作者 : 香取正彦 (人間国宝)
   厄除不動堂明王 百度石 聖観音・・・

CIMG4350.jpg

   安芸本浦大師

CIMG4351.jpg

  ◎ 邇保姫神社  
   ご祭神 ; 爾保都比売神
   邇保姫神社には、「神功皇后が航海の安全を神に祈ったところ、邇保都比売神から不思議な赤い土を使うようにとお告げをうけ、それで無事に海を渡れることができた。
   大和に帰る途中、邇保都比売神に感謝の念を表すためここに作ったお社が始まりである」という由来がある。
  珍しいペットの手水鉢がある。

CIMG4354.jpg

CIMG4358.jpg

  邇保姫神社でお参りし、今年の「おみくじ」を引いてみました。
  「大吉」でした!!

  12時前でしたがここで、お昼休憩です、近くの「本浦公園」ですお弁当にしました。

   続く・・・ 
 

2015年01月16日

ひろしま歴史街道散策くらぶ(宮島往来筋と地御前界隈)に参加する〜!  2

 続いて宮島往来を歩きます。

 旧山陽道、宮島往来、左は「宮内」右は「広島」城下と道標もあります。

CIMG4303.jpg

CIMG4304.jpg

  ◎ 地御前町屋
   
    地御前の町並には古い町屋が見られます。
    屋根の低い逗子二階が設けられてあり、軒裏や樽木、柱および窓の格子など外部に露出する木部を漆喰で塗り込めている。
    また、軒下に設けてある袖壁、出格子、駒寄など町屋独特の景観をとどめている。
    くぐり戸、うだつと見られました。

CIMG4305.jpg

CIMG4307.jpg

  ◎ 小林千古生誕地
   千古は明治三年地御前に生まれた。
   本名 花吉。
   明治二〇年代〜同三〇年代にかけてはアメリカに学び、さらにヨーロッパでは黒田清輝や岡田三郎助などの知己を得、帰国がは白馬会に所属、日本洋画壇に鮮烈なデビューを飾りながら、わずか四一歳の若さで病没され惜しまれた。

CIMG4308.jpg

  ◎ 釈迦如来坐像
   地御前神社付属の釈迦堂の本尊である。
   丈六僧と言われる大きい仏像で、坐像高は290cm、膝張230cmという広島県では他に例をみない巨像である。
   寄木造り室町中期を下らぬ貴重な大作である。

CIMG4311.jpg

  ◎  地御前社  →  室町時代のもの

CIMG4312.jpg

  ◎ 大歳神社 
   地御前の氏神で大年神を祭る。
   農業の守護神と言われる。
   昔は田屋の丘の平原に鎮座されていたが、寛政元年(1789)南町の現在地に移された。

CIMG4310.jpg

CIMG4314.jpg

  ◎  地御前神社
   祭礼行事も多くあるが、旧六月一七日夜の関電祭は古式による管弦船の神輿渡御は平安朝の行事を再現し、全国から参詣と見物する人びとで大いに賑わう。
   又、旧五月五日あ境内において「馬おどし」と称される流鏑馬(やぶさめ)の神事が行われる。

  CIMG4315.jpg

CIMG4317.jpg

  手水鉢は当時のものである。

CIMG4318.jpg

  辺りも薄暗くなってきましたが、記念写真を撮って拝殿に上がらせていただきました。
  皆さんで合同参拝です。
  二礼 二拍手 1礼 。
  
CIMG4319.jpg

CIMG4320.jpg

CIMG4322.jpg

  参拝が終わると今日の散策は終了です。

  広電地御前駅で解散です。
  午後、5時半、8500歩、6kmの今日の歴史散策でした。
  遥か昔小学校の「臨海学校」でここ地御前に来た記憶がありますが、全く覚えておりませんし、様子が違っています。懐かしさも何もありません。
  確か、地御前小学校に宿泊したと思いますが・・・

  皆さんお疲れさまでした。トイレ   end

  CIMG4328.jpg

   
posted by kagurakko at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史散策くらぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。